ルアーの特性について

シーバスの釣り方入門へようこそ!

シーバスであっても人によってそのスタイルが異なるかと思います。
私は河川を中心としたウェーディングスタイルが好きです。

流れと潮を読んでポイントを絞り込んでいく。

従って、バイブレーションや小型のルアーはあまり使用しません。

使用しない訳ではないですよ。

最近のソルトルアーには様々なものが存在し、その動きも様々です。
基本的にはルアーなんて何でも釣れます。

条件によっての使いがっての差が出ると言った所でしょうか?
使い分けによって釣果の差も出ますね。

ルアー(ミノー)の動きにはいくつかの種類があります。

一つはローリングです。

ローリングを主とするルアーは比較的流れに強く、反射系のカラーの場合、そのボディの反射を強くアピールすることが出来ます。


そして、ウォブリングです。

ウォブリングを主とするルアーは比較的リップによる水の抵抗が強く流れによわい。

上記2種類の動きを混在させたものをウォブンロールと呼んだりします。

どれが良いとか悪いとかは一概には言えません。
そして、浮力についても数種類あります。

まず、フローティング・・・浮きます・・・以上。

シンキング・・・沈みます・・・以上。

サスペンド・・・水中で停止します・・・以上。

となります。

浮き具合や、沈み具合が色々ありますが基本は上記3種です。

潜行深度について

最近は深く潜らないものが流行りです。

スズキの捕食が水面付近で行われることから来ています。

浅場での釣りではルアーが底をすらず快適に釣りをすることが出来ます。

ルアーはその種類によって水面付近から3mまでをカバーしているものが多いです(ミノー)。

ルアーの特性などについては下記参照。
http://latesjp.seesaa.net/
posted by ラテスJP at 23:57 | ルアーについて
■スポンサードリンク■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。