フックの手入れ

フックのサビはどうするのか?
除去しましょう。

小型リューターがあると便利です。
ホームセンターなどで安いものを調達しよう。

私はサビが軽い場合、金属ブラシを使用しています。

シーバスの釣り方入門 フックの手入れ (2).JPG

使用を続けていくと、こんな感じになります。
駒かい部分はこちらの方がいいかも?

シーバスの釣り方入門 フックの手入れ (3).JPG

そして、先端周辺を削って全体を整える場合は砥石?を使用します。

シーバスの釣り方入門 フックの手入れ (4).JPG

その形状は何でも良いです。

小型リュータパーツ購入時に勝手にセットになったものの中に複数の形状のモノが入っていますから、全てを消費しましょう。

先ほどのフックを砥石とブラシでメンテしたものがこちらです。

シーバスの釣り方入門 フックの手入れ (5).JPG

この金属ブラシの使用時はメガネやゴーグルを使ってください。
抜けた金属片が飛んできます。

そして、フックのメンテナンス中はマスクをしましょう。
サビの粉が舞います。

この金属ブラシ、なかなか見つけられません。
私はアマゾンでまとめ買いです。

シーバスの釣り方入門 フックの手入れ (1).JPG

そして、針先のチェックです。
甘くなっていませんか?大丈夫ですか?

少々甘くても刺さりそうですが・・・甘い!!
ここで気を抜くバカには釣れません。

甘ければ、砥いでください。
絶対妥協してはダメですよ!!

納得いくまで研ぐ!

砥ぐ手段は・・・フックシャープナーなんてダメ。

日本人なら砥石でしょ?
私はこれを使っています。

ナニワ研磨工業 エビ印 GC/DX 両面鎌砥石 IK-2101
ナニワ研磨工業
売り上げランキング: 60,159


どうもカマ用らしい。
荒削りと仕上げ用が一体化。

釣り場にも持ち歩きます。

基本部分は上記小型リューターを使用しますが、最終調整は砥石の仕上げ部分を使っています。
posted by ラテスJP at 21:45 | ルアーについて
■スポンサードリンク■

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。